来年は自作凧で参加したい!内灘凧の祭典に行ってきた。

長いゴールデンウィークが終わって最初の週末5/10(日)に内灘の「凧の祭典」に行ってきました。
内灘のだだっ広い海岸でたくさんの凧が泳いでいました。
祭り当日は、海岸沿いを通る「能登里山海道」の一部が通行できなくなっていました。
凧に見とれてしまう為?いえ、凧が道に落下すると事故になってしまうから、でした。

海岸なので風が強く、1,000円で買った凧は助走も付けず簡単に揚がりました。
凧揚げは子供の頃、母方の実家がある滝の海で揚げた以来です。
凧揚げ

この凧の祭典は、内灘の各町が自作凧を作って揚げていました。
キャプテン翼や、ひゃくまんさん(石川のキャラクター)も揚がっていてコンテストも開催されているようです。

来年は地元羽咋市のキャラクター「サンダー君」の凧を作って参加したい、と一緒に行った友達と話しました。
凧の作り方を調べると材料費は安く自作できそうです。

イベントは、けんか凧や、大凧揚げチャレンジ(誰でも参加できる)、そしてアイドルステージもありました。
初めて見ました。ご当地アイドル「おやゆびプリンセス」。
熱心なファンが付いていて頑張っているな、と感心させられました。

「内灘 世界の凧の祭典」は国内だけじゃなく海外からも凧揚げ愛好家が総勢1,800人も集まる凧の祭典です。
来年はURO凧を揚げに行きます!
内灘世界の凧の祭典


この記事はどうでしたか?良ければシェアお願いします。