パレード

踊り子に感動!運営にはモノ申したいYOSAKOIソーラン2015レポ

6/12(金)~6/14(日)までYOSAKOIソーラン祭りを見に札幌に行ってきました。

6月の札幌は肌寒いかと心配していましたが暑かったです。

270チーム2万7,000人の踊り子が集まる日本最大のYOSAKOIソーラン祭り。
今では暖簾分けした他の地域でも踊られていて、その数は日本全国で200ヶ所以上。

石川県のチームも参加していたので応援してきました。
The日本海&北国新聞は僕が石川県でYOSAKOIをやっていた時の最大?のライバルチームでした。
女性の着物や音楽等で伝統的な「和」を感じさせる演舞は、札幌でも存在感がありました。
結果、セミファイナル(TOP20)には残りましたが、ファイナル(TOP10)には届かず、惜しかったです。

さて、YOSAKOIソーランを見るのには大きく分けて2通り「パレード」と「ステージ」があります。

パレードは道路で行われます。沿道から見るので踊り子さんとお客さんが近いのが特徴です。
いくつかの写真を紹介します。
ほら、踊り子さんのイキイキとした表情が見えますね。お客さんとハイタッチする大学生チームもありました。

パレード1

パレード2

パレード3

もう1つのステージは人の動きによって波を表現したり、踊り+全体の隊列が見所です。
有料席は階段状になっていて、高い所から全体が良く見えます。しかし、値段が高いんですよね。。。
ファイナルステージ(TOP10)の演舞を見るには5,000円も掛かります。
チケットは売り切れたとの事なので、需要と供給は成立しているのですが、、、高いな。

結局、僕は無料スペースで見ました。
無料スペースはステージの目の前にあるスペースで段差は無く、ステージを見上げる感じになります。
ステージ演舞の見所の1つである「人の動きで表現する波」などは見れませんが、間近で演舞が見れます。

ステージ

この無料スペース、朝から人が並んでいて、しかも一度入った人はなかなか出ない為、後から入るのが難しいのです。
2時間半も並んでやっと入れました。ファイナルは見ることができましたが、セミファイナルのThe日本海&北国新聞は列に並びながら踊り子さんの背中を見ていました。残念です。

ファイナルの前には「CATS」のキャストが踊るサプライズ。現在、札幌公演中のようでPRしていました。

CATS

ファイナルに残ったチームの演舞はどれも素晴らしかったです。大人数の迫力もあり、1人1人も活き活きと踊っていて圧倒されました。
今まで大変な練習をしたのだろうと、目頭が熱くなりました。

結果、2015年の大賞は「平岸天神」、地元の強豪チームでした。おめでとうございます!

ステージ平岸天神

また、ファイナルステージでは台湾チーム「Time for Taiwan」の演舞も。
YOSAKOIソーランと台湾のランタンフェスティバルは10年以上の交流があるそうです。

台湾チーム

そして今年は初めて韓国のチームが参加していました。韓国チームは曲の間にPSYの「ガンナムスタイル」を入れて盛り上げていました。
いいですね。国同士の交流は。

そして、最後、ファイナルステージが終わった後、運営スタッフからの挨拶。
なんとYOSAKOIソーランのメイン会場は学生ボランティアで運営されているそうです。
学生にイベント運営の経験をしてもらい、そして祭りを好きになってもらうこと、良い事だと思いました。
代表者の挨拶にここでも目頭が熱くなりました。

学生ボランティア

本当に良い祭りだった。踊り子は最高です。
座席チケットの値段の高さ、演舞スケジュールまで有料で販売しちゃう運営にはちょっといやしさを感じてしましたが、とても良い祭りでした。


この記事はどうでしたか?良ければシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>