取材&関係者の話を聞いて楽しみが倍増した「山形 花笠まつり」

8月に入ると東北地方では祭りが目白押しです。

8/1(土)~8/4(火) 盛岡さんさ踊り(岩手県)
8/2(日)~8/7(金) ねぶた祭り(青森県)
8/5(水)~8/7(金) 花笠まつり(山形県)
8/6(木)~8/8(土) 仙台七夕まつり(宮城県)

全ての祭りを回る為、スケジュールを必死で調整しています。
どの祭りも見所が日毎に違ったり、祭り以外の観光もしたいと思うとスケジュール調整が大変です。
およそ各県の滞在は1.5日(移動がある為)で、魅力ある東北をこんなに短期間で移動するとは、なんてもったいない事かと思っています。

祭りの情報を調べていると余計に楽しみになってきて、長く滞在したくなってきます。。。

▽山形 花笠まつり
山形花笠まつり – 日本の祭り.com

山形県花笠協議会のホームページからメディア掲載用に写真を頂きました。
山形 花笠まつり画像データダウンロードサービス

写真を見ていてすごいと思ったのは2つ。
(1)花笠がキレイに揃っている
昔ながらの花笠踊りの集団美。
実際に現場で見たらもっとすごいでしょう。
山形 花笠まつり 集団美。

(2)花笠の素早い扱いが
花笠をまるで手品のようにくるくると回す。
素早すぎて落とさないかと心配になるくらいです。これは見ものです!

花笠祭りは夜に行われるパレードがメインですが、今年は昼にも各種イベントを企画中だそうです。
公式サイトで情報が公開されたら、ここでも紹介します。


この記事はどうでしたか?良ければシェアお願いします。

来年は自作凧で参加したい!内灘凧の祭典に行ってきた。

長いゴールデンウィークが終わって最初の週末5/10(日)に内灘の「凧の祭典」に行ってきました。
内灘のだだっ広い海岸でたくさんの凧が泳いでいました。
祭り当日は、海岸沿いを通る「能登里山海道」の一部が通行できなくなっていました。
凧に見とれてしまう為?いえ、凧が道に落下すると事故になってしまうから、でした。

海岸なので風が強く、1,000円で買った凧は助走も付けず簡単に揚がりました。
凧揚げは子供の頃、母方の実家がある滝の海で揚げた以来です。
凧揚げ

この凧の祭典は、内灘の各町が自作凧を作って揚げていました。
キャプテン翼や、ひゃくまんさん(石川のキャラクター)も揚がっていてコンテストも開催されているようです。

来年は地元羽咋市のキャラクター「サンダー君」の凧を作って参加したい、と一緒に行った友達と話しました。
凧の作り方を調べると材料費は安く自作できそうです。

イベントは、けんか凧や、大凧揚げチャレンジ(誰でも参加できる)、そしてアイドルステージもありました。
初めて見ました。ご当地アイドル「おやゆびプリンセス」。
熱心なファンが付いていて頑張っているな、と感心させられました。

「内灘 世界の凧の祭典」は国内だけじゃなく海外からも凧揚げ愛好家が総勢1,800人も集まる凧の祭典です。
来年はURO凧を揚げに行きます!
内灘世界の凧の祭典


この記事はどうでしたか?良ければシェアお願いします。

審査員になれる祭り!札幌YOSAKOIソーラン祭り

今年は日本各地の祭りを見に行く事に決めました。
そして日本の祭り.comを日本一のサイトにします!
早速今年の祭りの日程を調べ、スケジュール帳とにらめっこしてます。
7月、8月は祭りが多いのでタイトなスケジュールになりそうです。嬉しい悲鳴です。

そんな中6月に札幌でYOSAKOIソーラン祭りがあります。
昔YOSAKOIソーランをやっていたので真っ先に行くことを決めました。

YOSAKOIソーラン祭りのホームページを見ていると「市民審査員募集」の情報を見かけたので早速応募しました!
市民審査員は経験者じゃなくても誰でも応募でき、審査基準は1つだけ「どれだけ感動したか」だそうです。

定員130人に対して300人の応募があったようです。
先日、抽選結果が送られてきました。丁寧に封書で届きました。
結果、残念ながら「はずれ」でした!

審査員にははなれませんが、祭りを楽しんで来たいと思います。
開催日は6/10(水)~14(日)で、13(土)と14(日)がメインなので12日(金)の昼に札幌に着く飛行機を取りました。
とても楽しみです!


この記事はどうでしたか?良ければシェアお願いします。